著作権フリー音楽の特徴

著作権フリー音楽の注文方法

ダウンロード販売

著作権フリー音楽全作品一覧

月額690円の有線放送

著作権フリー音楽の利用規約

クレジットカード各種

 

今までの著作権フリー音楽と何が違うの?

CLR 著作権フリーミュージックライブラリーは全て弊社オリジナル制作品で権利関係でも最も安心な音楽集です。

その1 安心な著作権フリー音楽

弊社の製品は全て国内自社内制作を実現

海外輸入版には常に付きまとう国を越えた使用、ウェブ上での使用でも安心してお使いいただけます。

買取、買い上げ、(今後を含め)著作権管理団体に所属の可能性のある作曲家、ミュージシャンを一切使用していない完全自社制作なので、権利関係も万全で安心してお使い頂けます。

フリーランス作曲家など外注での制作物は、その製作者(作曲家、音楽家)がJasracなど著作権管理団体に所属した場合、権利が発生しますので著作権フリーではなくなります。弊社は完全自社制作ですので、永久に安心してお使い頂けます。

その2 プロが生み出す音楽

ひとつの音楽を生み出すのは簡単ではありません。
作曲、編曲、プログラミングをはじめレコーディング、
ミックスダウンなど様々な作業が必要です。
CLRはスタッフ、ミュージシャン全てプロフェッショナルです。

著作権フリー音楽と聞いただけで「安っぽい」「素人っぽい」
そんなイメージはありませんか?
著作権フリー音楽といってもピンからキリまで存在します。
中にはアマチュアが趣味で制作したレベルのものもちらほら・・。
CD製作現場で活躍するスタッフが制作する音楽とアマチュア音楽の差は歴然です。
「まともな音楽は使いたいけど金額が・・・」
ご安心下さい。
当社の音楽素材は個人ユーザー様にもお求めやすい金額設定になっております。

その3 本物の音

近年はコンピューターで音楽が簡単にできる時代です。
しかし生の楽器の音色、演奏は完全に再現できません。
ピアノやギター、ジャズといった打ち込みでは再現不可能な
音楽は生演奏にて収録しています。

是非いちど比べて下さい。
コンピューターのサンプリング音源のピアノとは雲泥の差です!
本物の楽器の質感は別格です。
例えばグランドピアノ。
ベーゼンドルファー社のサンプリング音源を使用した音楽は沢山ありますが、本物のピアノを使ってホール録音された音の存在感は圧倒的です。誰もが知っているピアノやギターの音だからこそ本物とニセモノの違いが出ます。今までのチープな音と同じ金額で本物の音をお求めいただけます。

その4 より使い易く

ほとんどのタイトルにタイムマップを付属。
曲の長さはもちろん曲構成、編集ポイント
各セクションのタイムなどがわかりやすく表記されています。
音楽編集で編集ポイントを探して何度も聞く必要がありません。

 

付属のタイムマップにはイントロ、1コーラス、間奏、エンディングなどの曲構成と時間、各セクションのタイム、ループポイントがわかりやすくグラフィックで明記されています。
「尺が少し足りないからどこかをループしないと・・」
そんな時はタイムマップを見ていただければ一目瞭然!
ループポイントを探して何回も音楽を聴く必要はありません。

さらに当社のラインナップは
「こんなのが欲しい!」「これがあれば便利なのに・・」
そんな現場の声を反映させたラインナップになっています。
「いつも同じ音楽を使ってしまって・・でも雰囲気は変えなくない」
「海外のCDを使いたいけど中身がよくわからないし・・権利関係が不安」
そんなお悩みはありませんか?
各シリーズごと独自のコンセプトを持って制作しています。
必ず欲しかった音楽が見つかるはずです。

 

 

ページトップへ戻る